2015-03-23 16:29

帰省

島根に帰省してきました。

この土日のお休みで。超ハード。

約5年ぶりの帰省でした。実家とは疎遠なので少し、いや、かなり緊張と不安で吐き気がするくらいでした。
しかもお天気が久々によくなった土日なので渋滞で行きは約9時間。

家が近づくにつれて不安と少しの嬉しさが胸を締め付けました。たったの一泊二日なのに。
実家が怖かった。

手が少し震えてきて。すごく暑かったのに手足だけめっちゃ冷たくてヤバかったです。
たかが実家なのにね。

私の最大の楽しみは日曜日に会える幼馴染との再会でした。
時間が足りなかったなぁ。ずっとそばに居たかったし、帰りたくなかったなぁ。

子供たちが打ち解ける間、こどもの相手をしてやっとこさ二人で話ができるって思ったとき。
中学校時代の音楽兼英語の先生と偶然お会いして。

昔から歌と話が大好きだった先生なので、やはりここでもw

結局友達と話せたのは1時間弱。
こんな短時間で5年分の話なんてできるわけない。すごく後ろ髪をひかれました。

実際、実家ではとても楽しく過ごせました。
両親とも昔よりもまるくなってたし、私も気を使わずに自由に甘えてみました。

洗い物もしなかったw

それもちょっとドキドキしちゃったけど、子供たちがくつろいでいてくれたしパパがいたから大丈夫でした。
楽しかった。すごく疲れていたけど。
寝るとすぐ朝が来ちゃうから、少し嫌だったのにちなつを寝かせようと布団に入ったら、誰よりも先に私が寝てしまいました。

朝、起きたら母が起きていたので二人で色々話しました。テンションあがった。
帰ってよかったと本当に思いました。
友達と別れるのも寂しかったけど、昼過ぎに実家を後にして正解でした。

帰りもやはり渋滞で家路についたのは20時30分頃。

おやつ沢山持って行ってよかったぁ。子供たちのお腹すいた攻撃も無しでした。
ただ、家に着く10分ほど前から、体調に変化。

手足が震えて腕が筋肉痛のように痛くなって吐き気がして。
しんどくなってしまった。

実家へ帰る恐怖心と興奮と解放された安心感で情緒のバランスが一気に崩れたみたいでした。

疲れた二日間だけど、得るものはとても大きくて。今度から帰れる時間があるなら帰ろうと思いました。
理由の一つに、両親がやはり老いていたこと。まだ60代だけど、自分の親っていつまでも背中が大きいイメージだったのにすごく小さくて。
それが5年間でこんなに小さく感じるのか・・・と反省もしました。親不孝な娘だなぁって。いつまでもいじけていないで自分の気持ちばっかり優先しないで、親に感謝をしていかなきゃいけないなぁと思ったからです。

ただ、
ただ一つだけ。

私の残念な姉とは会わずに済みましたが、やはり顔を合わさなくても私をはらわたが煮えくり返るほど怒らす才能があるようです。ここがまさに残念。

もうこのまま一生かかわらずに済むならそうしたいけど。そうもいかないでしょう。

そんな濃い二日間。パパも文句一つ言わず笑顔で過ごしてくれました。運転ありがとう。

過ごした小学校も無く、知り合いも亡くなり、思い出が一つ、二つ消えていましたが、これからは子供たちに島根の思い出をいっぱい作らせてあげたいので、夏や、冬。帰れるときに家族そろって帰りたいと、思いました。
そして、昔の私に少し戻れたような気がして。

さて、明日子供たちは終業式。あさってからの春休みに向けて気合入れなおさなくちゃ☆







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

a-key

  • Author:a-key
  • 島根県浜田市出身、大阪府岸和田市在住のママです。
    方言が混じって変なイントネーションなママです。

    コーヒーでもすすりながら美味しいオヤツの友にブログでも覗いて行ってね。
    相互リンクもお願いします☆

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索