-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-16 14:37

苦節4年・・。

重々しいタイトルですが。

昨日は娘たちのカンフーの大会でした。
ちーちゃんは、自己新だして少しご機嫌、まあ順位は置いといてww

里乃は太極拳ではべべでした。
これは本人も相当へこんでたと思います。
着替えに行かせたけども、なかなか帰ってこなかったから、きっといつものようにトイレで1人、悔し涙を流していたのでしょう。

だいぶ練習してたの、知ってるだけに可哀そうになっちゃった。
今まで、結果は散々だった時もあるけど絶対に思わなかったけども、今回里乃を見て初めて思ったこと。

「もう、やめさせてあげたい。」

里乃がカンフーを好きで、あの空間や仲間たちが大好きなのは知ってるから言葉にしてはいけないから、ぐっと飲み込みました。
始めたばっかりっていうのも、言い訳や慰めにはならないのです。なぜなら、今回から太極拳を始めた(里乃と一緒に習い始めた)友達が2位という輝かしい結果をたたき出したのだから。

里乃が泣いたのはべべだったからというより、そっちのが悔しかったんだと思う。
だって、あきだってほんとに悔しくて見ているのが可哀そうで、辛くなってしまったんだもん。きっと本人のがもっともっと悔しいよね。

そして。

気持ちを切り替えての初級長拳。

いつも真ん中あたりを行ったり来たり。
今回はいつもやってた套路の見直しもして、違うところを探して、ここはこうやって、ああやって。と手直しいっぱい。
慣れてないから急に手直ししましたってのもなかなか難しいだろうに。文句ひとつ言わずにやってのけました。

ほんとに文句一つも言ってないの。

間に検定もあってすごく大変だったのに。尊敬しちゃう。
頑張ってくれた結果、残念ながら4位。惜しかった。銅メダルまでの差

0.02点

くっそー。くっそー。マジで超悔しい!!
でも、初めてのあと一歩。
頑張った甲斐もあったし、常連の審判団の先生方もちゃんと認めてくれてる。

審判団の先生もやっぱり毎回毎回のおなじみの子供たちなので覚えてくれています。
里乃に進歩があったと認めてくれた結果が上位だったのは、あきも里乃もすごく嬉しかったんだ。

悔しい思いも嬉しい思いもたくさんで濃密な大会になりました。
小1から初めて4年。春になったらもう、5年生。

ここまでほんとに悔しく、辛い気持ちが多かったけど。やっと芽が出てきたかな?
このままぐんぐん伸びて行ってくれるように。

切に願います。

さて、来週は頑張った子供たちにご褒美!!ってことで保護者主催のお楽しみ会を開きます☆
夏の大会までつかの間のひと時だけど、また力になってくれれば。
そんな親の心、子、知らず・・・かなww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

a-key

  • Author:a-key
  • 島根県浜田市出身、大阪府岸和田市在住のママです。
    方言が混じって変なイントネーションなママです。

    コーヒーでもすすりながら美味しいオヤツの友にブログでも覗いて行ってね。
    相互リンクもお願いします☆

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。