-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-07 15:46

愛犬ギャル子の一生

父がこんな話しをどこからか仕入れてきた。
「犬っていうのは、特に座敷犬は死ぬ時に飼い主が起きてくるまで待ってるんだって。普段なら【10】息をす
る所を【3】位に息をするのを押さえてなるべく長く生きようと頑張るんだって。それで、飼い主の顔を見ると
安心して逝けるんだって。」
どこでこんな話しを聞いてきたのか?誰がこんな話しを教えてくれたのか??母は聞いた後でじわっときたと言
っていたが、私も母同様に目頭がカーッと熱くなった。ギャル子も母が起きてくるのを今か今かと待ちわびてい
たのだろうか?息を殺しながら寿命を延ばして、二階への物音に、それこそ一生懸命に耳を傾けていたのだろう
か?そして、待って、待って、待って・・・。どんな気持ちだったのだろう?早く逝きたかったのか、それとも
助けて欲しかったのか。どちらにせよ、ギャル子にとってはとてつもなく長い時間だったに違いないであろう。
最後に、母の胸に抱かれて何を思っただろうか?12年も一緒にいたのに誰一人としてギャル子の気持ちは分か
ってやれてなかったのではないだろうか?いつか、私にも寿命がきてギャル子の側に逝く日がやってきたらきっ
と聞いてみようじゃないか。これからも、ギャル子の事を思う度に増えていく疑問の数々を。その為に、こうし
てギャル子を綴った記録が必要なのだ。
スポンサーサイト

コメント

2006-02-08 17:15

犬っていうのは、特に座敷犬は死ぬ時に飼い主が起きてくるまで待ってる、そういう話があるんですね!
人間も同じで一人で逝くよりは誰か大切な人に看取られたいものですね!
犬の気持ちもわかるような気がします!
ギャル子も幸せだったのでは!
  • URL
  • ノヴェリン #S0FEt0ug
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

a-key

  • Author:a-key
  • 島根県浜田市出身、大阪府岸和田市在住のママです。
    方言が混じって変なイントネーションなママです。

    コーヒーでもすすりながら美味しいオヤツの友にブログでも覗いて行ってね。
    相互リンクもお願いします☆

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。